ミミズのマフラー

Muffler of Earthworm

Clip

f:id:kentaro-takano:20180705112256j:plain

 

わたしのいもうと

松谷みよ子 

 

 

この子は
わたしのいもうと
むこうをむいたまま
ふりむいてくれないのです
いもうとのはなし
きいてください

いまから七年まえ
わたしたちは この町に
ひっこしてきました
トラックに のせてもらって
ふざけたり はしゃいだり
アイスキャンディーを なめたりしながら
いもうとは 小学校四年生でした

けれど てんこうした学校で
あの おそろしいいじめが
はじまりました
ことばがおかしいと わらわれ
とびばこができないと いじめられ
クラスのはじさらしと ののしられ

くさいぶただといわれ
ーちっともきたない子じゃないのに
いもうとがきゅうしょくをくばると
うけとってくれないというのです

とうとうだれひとり
口をきいてくれなくなりました
ひと月たち
ふた月たち
えんそくにいったときも
いもうとはひとりぼっちでした
やがていもうとは
学校へいかなくなりました

ごはんもたべず
口もきかず
いもうとはだまってどこかをみつめ
おいしゃさんの手もふりはらうのです

でも そのとき
いもうとのからだに
つねなれた あざが たくさんあるのが
わかったのです

いもうとは やせおとろえ
このままでは いのちがもたないと 
いわれました
かあさんが ひっしで
かたく むすんだ くちびるに
スープを ながしこみ
だきしめて だきしめて
いっしょに ねむり
子もりうたを うたって

ようやく いもうとは
いのちを とりとめました

そして
まい日がゆっくりとながれ
いじめた子たちは
中学生になって
セーラーふくで かよいます
ふざけっこしながら
かばんをふりまわしながら

でもいもうとは
ずうっと へやにとじこもって
本も よみません
おんがくも ききません
だまって どこかを見ているのです
ふりむいても くれないのです

そしてまた としつきがたち
いもうとを いじめた子たちは
高校生
まどのそとを とおっていきます
わらいながら
おしゃべりしながら・・・ ・・・

このごろ
いもうとは おりがみを
おるようになりました
あかいつる あおいつる しろいつる
つるにうずまって
・・・ ・・・でもやっぱりふりむいては
くれないのです
口を きいてくれないのです

かあさんは なきながら
となりのへやで つるをおります
つるをおっていると
あの子のこころが
わかるようなきがするの・・・ ・・・
ああ わたしの家は つるの家
わたしは のはらを あるきます
くさはらに すわると
いつのまにか わたしも
つるを おっているのです

ある日 いもうとは
ひっそりと死にました
つるを てのひらに すくって
花と いっしょに いれました

いもうとのはなしは
これだけです

わたしを いじめた ひとたちは
もう わたしを
わすれて しまった でしょうね
あそびたかったのに
べんきょう したかったのに