ミミズのマフラー

Muffler of Earthworm

先入観

消費者は曲がったキュウリを買わない。それは多分に供給する側の思い込みだと思います。

軽蔑

日本もかつて、札束で人の頬を叩くような振る舞いを世界中でして、ひんしゅくを買った時期が確かにありました。 中国も早くそれに気づけば、と思うのです。

春分 🐝

虫たちにとって忙しい季節が巡ってきました。

皮肉

『こだわる』 とは元来、気にしなくても良い些細なことを無駄に気にかけるという意味です。 最近は誤用が一般化して妥協なき追求という意味で通っていますが、面白いのは後者の意味で使っているつもりが現実は前者という場合も多いことです。

秘密

海外で、それも辺鄙な地での仕事、すごいですねってよく言われます。 すごいでしょって答えています。 しかし私の本心は、日本で例えばラーメン屋を開いて続けることの方が大変なんじゃないかなと。 競合が少ない、あるいはまったくいない、そんな場所で緩…

プライド

誇りも軽んずれば埃になるようです。

もたつき 📷

白い壁だな。シロップ ・・・ 白はプラスに露出補正だ ・・・ なんてやっているうちに、壁に這っていた大きなヤモリらしき主役がいなくなっちゃった。

滞在 💺

出張先でのスケジュールは余裕を持って組んでいるため、空き時間が意外とたくさんあります。 のんびり過ごす、好きな時間です。

魚釣り 🐡

島国 サントメ ・ プリンシペ 、少年も青年も釣りにいそしんでいました。その辺を歩くヤドカリをちぎって餌に、竿はなく糸を器用に手で操ります。

都会での通勤の様子を見て、みんな死んだ目をしていると言う人がいる。満員電車でみんなの目がギラギラしていたら、むしろ怖いと思うのだが。 そうした表現はおよそ客観的なものではなく、ごく主観的な場合が多い。

配合

倫理や正義に、大義名分と顕示欲と発信ツールを混ぜると、暴力が生まれ得ます。

一会 🐶

動物が好きなので旅先でも犬や猫が気になります。

東京湾

いろんな意味で豊かな海だと思います。大事に継いでいかなければなりません。

Windows 22

初めて訪れた サントメ ・ プリンシペ民主共和国 はアフリカの小さな島国。新しい仕事がひとつ始まります。

動物園 🐘

動物を愛護する人たちが叫ぶように、柵の中から自由を夢見る日々かも知れない。自分たちの縄張りが完全に守られているから、実は幸せな毎日なのかも知れない。わかったようなことを言う人は少なくないけれど、本当のことは誰もわからない。

ハートの池 ❤

羽田から北に向かう航路より。おそらく渡良瀬の谷中湖です。

待合室

旅先での待ち時間は、意外と退屈を感じません。

磨崖佛

何かの理由で私たちが滅び、長い時を経て、人類に代わり文明を手にした何者かがこの仏像を見つけたとき、一体どんな想像をするのだろう。

街角

イタリアにて。 なんだか、かわいい街でした。 どこの国でも、なんでもない街の雑多な雰囲気が好きです。

大丈夫だ。 私は空を仰ぐことをまだ忘れていない。

薄着 👕

今日から暑いアフリカに出張です。 悩ましいのはやっぱり服装。 空港まで、やせ我慢しながら行くことにします。

東京

勝手に憧れて出てきて、勝手に夢破れて帰っていく。そのくせに、冷たいだの、人混みは嫌いだのってね。そういうすべてを受け入れる、懐深い街だと思うよ。

ドローン

つまり、撮り合い。

肉球 🐾

とっても触りたい

幽閉 🏰

イタリアで古城をいくつも所有しているキザな野郎を訪ねたときのこと。 城のひとつを滞在の場として使わせてくれたのだが、なんと日没になると主は家に帰りやがる。 城は街を見下ろす高台にあり、すなわち徒歩圏内には何もなく、どこにも行けやしない。 石造…

責任

時代のせいにしない。社会のせいにしない。誰かのせいにしない。

Windows 21

それぞれの暮らし。

清く、正しく、美しく。そんな人生にするには、もう遅い。 せめて清濁あわせ吞む生き方で、何かの役に立とうと思う。

まだまだ 📱

スマートフォンのバッテリー、残量 15% は僕にとって「まだ充分」という感覚なんですが ・・・ まるで餓死寸前のような表示になります。

真実

生命の誕生は化学反応。 笑うのも化学反応。 泣くのも化学反応。 成長も化学反応。 恋する気持ちも化学反応。 食べるのも化学反応。 寝るのも化学反応。 病気も化学反応。 治癒も化学反応。 歌うのも化学反応。 愛する想いも化学反応。 奮う勇気も化学反応。…

内省

老若男女を問わず、まことに真面目な生き方をしている人と出会うことがあります。 自分が恥ずかしくなるのです。

当然

人間の姿形をしていたなら、それは人間です。深夜の山深い道で髪を濡らした白い服を着る女性がひとり立っていても、もちろん人間です。

Windows 20

海辺の宿

不審者 👮

職務質問に長けた警察官は、街に紛れる犯罪者を鋭く見抜くという。 いたずらに長けた私は、警察官を見かける度にそれらしく顔をそらしてみる。 しかしまるきり職質なるものに至らない。 ここでこそと言うべき検問でさえスルーされる始末だ。 私の芝居が下手…

携行カメラ 📷

GRⅡ というカメラを買ってから、いつも鞄に入れて持ち歩いています。 聞きしに勝る優れたカメラです。 被写界深度とか、露出補正とか、理屈では知っていたのですが設定が面倒で敬遠してきました。 そうした操作が容易にできるのもこのカメラの良いところ。 …

三寒四温

暦は冬でも、まるでご褒美のようにあたたかな日。

2017年 🎍

どうか平らに治まる年でありますように。

にんげんなんて 🙆

つまらないプライドをすてられず まもるべきプライドをもちきれず

永続

自然界は単純な弱肉強食ではなく、適者生存あるいは運者生存のようです。 おそらく国を維持する秘訣も同じだろうと思います。 体制、経済、インフラ、軍備などすべてにおいて、時代に適応すること、もしくは不運に備えることが必要です。 理想論がなかなか…

暮らし 25

質朴な人々に教わることはとても多い。

動脈 💴

古くは東海道新幹線、最近では新東名、いずれも税金の浪費だと言われる中で造りました。 今は欠かせないインフラとして機能しています。 通行量が少なく無駄遣いのやり玉に挙げられていた道東自動車道、台風で並行する国道が壊れた今年になって、その価値を…

依拠

必然を超える偶然はありません。 道理を超える奇跡もありません。 必然や道理の積み重ねをよりどころにして偶然や奇跡が訪れます。

秋冬 🍃

緑から黄。 そしてクリスマス。

檸檬 🍋

僕の縄張りにある檸檬の木。 果実は数に限りがあるけれど、葉はわさわさ。 葉を切れば、広がる匂いでとても幸せ。

御正体

私の知る限り、神様は不完全で気まぐれで、まったくあてにならない。 神様の正体は自然という、真理を知る日本人の敬い方と接し方が私は大好きです。

Windows 19

先が見えない道を、助手席からの指示を疑うことなく突っ込んでいく。 それがラリーの醍醐味です。

余命

注目している Blog があります。 お会いしたことはないけれど、たぶん同情されるのは嫌いな人。 残された時間で生き様を見せてくれています。 多くの人に記事を遡って読んでもらいたいなと。

銀杏

東京都のシンボルマークは銀杏を模したもの、ずっとそう思っていましたが Tokyo の T なんだそうです。 それでもやっぱり、銀杏は東京のシンボルです。

水たまりを踏む楽しみのために LL Bean のシューズを愛用しています。

暮らし 24

ロシアの食卓にあったかいスープは欠かせません。