ミミズのマフラー

Muffler of Earthworm

時事

不適切

舛添都知事の一連の疑惑に対して、自ら雇った弁護士による調査結果の公表の場では 「違法ではないが不適切」 という言葉が繰り返されました。 違法ではないが不適切、奇しくも自身の存在そのものをピタリと言い当てられているかも知れません。

熊本地震 2

報道や SNS で目にする情報を前に、誰もが何かをやりたがります。 しかし、災害支援は、事前に準備され、指揮系統があり、他の団体とのホットラインも持つ組織として活動しないと大して有効ではないことを、私は 東日本大震災 の場で感じました。使命感に駆…

熊本地震 1

被災で何も持たずに家を飛び出した人にとって、小さなお金が大きな安心感をもたらすことを、私は東日本大震災の避難所で知りました。お金には心が感じられないといった勝手な固定観念で需給の一致しない物品を送り付けるくらいなら、現実的には募金に応じる…

事故

トラックが交差点で左折する際に、自転車や歩行者を巻き込む死亡事故が続きました。 事故を伝えるニュースのコメント欄には、自転車や歩行者にも落ち度があるといった意見も散見されます。 しかし、左折の巻き込み事故、まして交差点では、どんな状況であれ…

庶民

人々は政治家に庶民感覚を求めたがります。 首相にまで。 しかし庶民感覚で他国の政治家と交流されちゃ敵いません。 庶民の暮らしにかかわる政は、地方自治で担えるようにするべきだろうと思います。

味方

キヨハラ、ベッキー、ノノムラ、ミヤザキ、オボカタ、サムラゴウチ ・・・ エトセトラ。 世間からはずいぶん叩かれてしまいましたが、それぞれに 「まったくしょうがねぇな、それでも俺はお前の味方だぞ」 って言ってくれる存在があればいいなと思うのです。

記事

インターネットのニュースには、テレビを視聴した感想を並べただけのものを始め、電話一本の取材すらしていない記事が溢れています。 ウェブサイトのアクセス数を上げる有力な方法のひとつが日々の記事の数だと言われていますが、質の低い商品の過剰な量産は…

従軍慰安婦問題

いわゆる従軍慰安婦問題で日韓両政府が終結の合意に至りました。 韓国政府には、自国でこの問題を治めることはまずできません。 ですから今後も韓国からは様々な声が発信されるでしょうし、無法に置かれた少女像も撤去できないかも知れません。 しかしそれ…

右にしても左にしても、極端な偏向が支持を得ることはありません。

土地売買

共産主義たる中国では土地を買うことができません。 数十年の期限がある使用権を得られるだけです。 さらんには、日本も中国籍の 個人 ・ 法人 には同様の条件でしか土地の取引ができないように制限する必要があると思います。 差別ではありません。 フェア…

エコカー

プリウスは素晴らしい燃費だから、多くの会社が営業用に導入しています。 しかし当のドライバー達がぶっ飛ばすから、実用の燃費は素晴らしく悪いはずです。

スマホ

スマートにスマートフォンを使う人はそう多くありません。

炎上

罪なり落ち度があったとしても、みんなが正論で攻めてコントロール不能な私刑を下してみせるのは、果たして正義でしょうか。

感動シンドローム

テレビでもインターネットでもお涙頂戴のネタが溢れ、タレントは 「 感動を与えたい 」 なんて、おこがましいことを言う。 感動は結果に伴って舞い降りるものです。 感動を目的にするのは違う気がします。

憲法 9 条

日本国憲法 第9条 第一項 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 第二項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他…

民意

デモに参加する。 人が大勢いる。 前後左右みんな自分と同じ意見だ。 みんな真剣なまなざし。 みんな声が大きい。 マスコミも来ている。 テレビによく出る有名人も自分と同じ思いを語る。 どこかの学者も自分と同じ考えだ。 気持ちが昂る。 自分の思想が正…

継承

建て替えが進められている 東京水天宮 の新しい社殿が姿を現しました。 取り壊されるときには 「もったいないな」 と感じましたが、建築技術の継承という点からは常に一定数の建て替えがあったほうが良いのかも知れません。

風潮

みんなで正義を振りかざし過ぎだと、ふと思うのです。

丸腰

仮にあの人たちの意見にすべて従ったとしたなら、私たちの子どもは将来、あの国の軍隊に難なく攻め込まれて丸腰で戦わなければならない事態に陥るかも知れません。 物語によくある、平和でいい人ばかりだった国の末路です。

課税

現代、宗教法人にも普通の会社と同様に、活動のすべてに対して法人税を課すべきだろうと思います。 利益が出た場合に限りその一部を社会に納めて富の分配を図るという、まことに崇高な仕組みに宗教家たる者が賛同しない理由が理解できません。

例の組合員 ?

中学3年、長女の社会科の授業で先生がこう教えたそうです。 「安倍さんは政治をぜんぜんわかっていない」 「自民党はだめだ」 思想も信条も自由、けれども彼は教育をぜんぜんわかっていない。 彼はだめだ。

安全保障関連法案

戦争をしたい人が、賛成。 戦争をしたくない人が、反対。意図的な二者択一にみんなが引っかかってしまい対立が演出されています。 戦争を避けるための、賛成。 戦争を避けるための、反対。争点はそうあるべきです。 今のずれた議論では、どこかの誰かの思う…

きりぎりす

いわゆるバブルのころ、普通に会社勤めをしている人を犬呼ばわりして、満員電車に揺られる人を馬鹿にして、3ヶ月働いては1ヶ月遊ぶような生き方を自慢していた面々を結構たくさん見かけました。 今、いい歳ながら低賃金かつ不安定な生活に直面し、それを…

改正

例えば、かつて時間貸し駐車場には必ず管理人を置かなければなりませんでしたが、規制が緩和されて現在は無人のいわゆるコインパーキングが普及しています。 もちろん規制緩和には失敗事例もあると思いますが、変えてみなけりゃわからない。 社会実験なり、…

印象操作の自由

陸上自衛隊で研究開発を進めている無人航空機が演習場内でのテスト飛行の際に上空でエンジンが不調となり、そうなった場合のためにあらかじめ設定してあった場所に緊急着陸をした。 けが人や第三者への被害はないが、翼やカメラなどが壊れてしまった。 ・・…

人身事故

どこかの誰かが列車に飛び込んで足止めを被る。 都会では日常茶飯事です。 まったくもっての他人事で、心を痛めることもありません。 しかしやっぱり、亡くなった人を誹謗するのは控えるべき。 正論だとしても、です。 心で迷惑を感じたとしても、それを顔や…

絶歌

神戸連続殺傷事件の犯人が手記を出版しました。『絶歌』 という気取った題名には自己顕示欲が見え隠れします。 遺族にとって不愉快なことだと容易に想像ができたのに、なぜ本を出したのか。 こう書かれているそうです。 本を書けば、皆様をさらに傷つけ苦し…

公園

公園はみんなのものですが、公園は子ども達のものでした。 近頃の公園は、危険だからと子どものための遊具が減らされて、代わりに高齢者のための健康器具が増える傾向にあります。 そして公園に集うようになった高齢者からは子どもの声がうるさいという御意…

憲法改正

憲法を護ろう、というシュプレヒコールは的外れです。 国民を守ろう、そのためにはどんな選択が正しいのかを議論するべきです。

自己顕示

セルフブランディングとやらのほとんどは、言わば誇大広告のようなものです。