ミミズのマフラー

Muffler of Earthworm

時事

選挙

選挙が決まると世帯ごとに送られてくる投票所入場券のみが、事実上の本人確認になっています。 残念ながら、不正ができてしまう仕組みです。 顔写真付きの身分証明の提示を必須にすることは難しいと思うので、顔検出技術を活用するなど、重複 ・ なりすまし…

結果

メディアで、デモ行進で、ブログで、SNS で、エトセトラ。モノ申すことに長けたり慣れたりする人たちの声は、大きく、また目立つのです。しかし本当の民意は、いちいち声高に叫ばない普通の人々の一票によって形になるのです。 それが民主主義です。

防備 🚀

在日米軍の存在に反対する人は多くの場合、自衛隊の軍備増強にも反対します。周辺の脅威に対して日本を丸腰にする思想に、私は反対です。

警報 📱

Jアラートが鳴ったって近隣にシェルターが整備されているわけでもなく、意味がないと言う人がいます。 違うと思います。 ミサイルの直撃を受けたら、普通の建物などひとたまりもありません。 しかし物陰に隠れるだけで、着弾後のあらゆる破片の飛散から身を…

景気 💰

よく 「好景気の実感がない」 って言われますが、じゃあバブルの真っただ中で私たちはどうでしたか、と。泡が泡らしくはじけた後になって 「あの時は」 と思う、そんなものじゃないでしょうか。

不滅 🌱

核戦争も自然破壊も、人類と巻き添えを被る動植物の存続の問題に過ぎません。人類が何を起こそうとも、僅かな時を経て地球はいつもの姿を取り戻すでしょう。地球が泣いているなんて表現は、私たちの驕りです。

緊迫 🛰️

近ごろ GPS の精度が低下していることが度々ある。 そういうことなんだろうと思っている。

打開 🚀

北朝鮮が話し合いの場に出てくれば、問題は一気に沈静化します。逆を言えば、目的をすべて果たした後に話し合いの場に出れば、果実は得て罰は受けないで済む。 誰かに話し合いをお膳立てさせてあげれば、その誰かはノーベル平和賞をもらえるくらいのスターに…

反戦

戦争は絶対に駄目。 当たり前である。先人が犠牲と反省の上に誓った尊厳である。 しかし守りの盾を放棄するわけではない。領域を侵す者を黙って受け入れるわけでもない。 武器を持って迫り来る相手を丸腰で説得しよう。そんな話に私は賛同しない。

国家戦略特区

法律は時代に合わなくなってきたとしても、安易に変えるわけにはいかない。 そこで決められた地域や案件に絞って、まずは試しに新しいことをやってみよう。 それが戦略特区の概念です。 例えばコインパーキングも、この 『特別に試してみよう』 がスタート…

所感

健康食品の効用を謳うような場面では 「個人の感想です」 といったテロップが表示されるようになりました。 であるならば、ニュースやワイドショーでキャスターやコメンテーターが物知り顔で語る政治の話も、「個人の感想です」 と加えるべきだろうと思うの…

虚構 2

老廃物とは具体的に何か、聞いたことがありますか。 流しましたなんて平気で言うその人は、科学的な方法で測定したんですか。 リンパな商売は立派な商売とは思えません。

虚構 1

水素を含んだ液体が水です。 水道から出てくる水です。 誰もが生まれてから飲み続けています。 水商売に騙されないでくださいね。

左右

左翼と呼ばれる人は何故、自ら生まれ育った国を愛せぬのか。 右翼と呼ばれる人は何故、自ら敬愛する皇室が望まぬ行動をとるのか。

不穏

仕事で進出している コンゴ民主共和国 の政情や治安が、とても不安定になりつつあります。後進国であり、広大な国であり、何よりのんびりしたお国柄のため、まったくお粗末な準備不足で昨年末に実施されるはずだった大統領選挙が遅れてしまった。 しかしそれ…

軽蔑

日本もかつて、札束で人の頬を叩くような振る舞いを世界中でして、ひんしゅくを買った時期が確かにありました。 中国も早くそれに気づけば、と思うのです。

配合

倫理や正義に、大義名分と顕示欲と発信ツールを混ぜると、暴力が生まれ得ます。

永続

自然界は単純な弱肉強食ではなく、適者生存あるいは運者生存のようです。 おそらく国を維持する秘訣も同じだろうと思います。 体制、経済、インフラ、軍備などすべてにおいて、時代に適応すること、もしくは不運に備えることが必要です。 理想論がなかなか…

窮屈

重箱の隅をつつくような正論で誰かの落ち度を攻めてみせて自己満足。 そんなものは正義ではありません。

ポケモンGO

経営者の端くれとして、世界中で大ヒットしている ポケモンGO について考えてみました。 もしも私が制作会社の社長だったなら、キャラクターを無作為に出現させる設定には反対すると思うのです。 住宅街の路地や私有地、まして高速道路や軍用地にキャラクタ…

選挙

都知事選の候補者を見て思う、他意の一切ない疑問。 批判でも誹謗でもありません。 出馬にも選挙戦にも相当なお金がかかります。 客観的な判断で、絶対に当選しないだろう候補者たちは、なぜ出馬するのでしょうか。 ものすごく勘違いしているのか、変わった…

不適切

舛添都知事の一連の疑惑に対して、自ら雇った弁護士による調査結果の公表の場では 「違法ではないが不適切」 という言葉が繰り返されました。 違法ではないが不適切、奇しくも自身の存在そのものをピタリと言い当てられているかも知れません。

熊本地震 2

報道や SNS で目にする情報を前に、誰もが何かをやりたがります。 しかし、災害支援は、事前に準備され、指揮系統があり、他の団体とのホットラインも持つ組織として活動しないと大して有効ではないことを、私は 東日本大震災 の場で感じました。使命感に駆…

熊本地震 1

被災で何も持たずに家を飛び出した人にとって、小さなお金が大きな安心感をもたらすことを、私は東日本大震災の避難所で知りました。お金には心が感じられないといった勝手な固定観念で需給の一致しない物品を送り付けるくらいなら、現実的には募金に応じる…

事故 🚚

トラックが交差点で左折する際に、自転車や歩行者を巻き込む死亡事故が続きました。 事故を伝えるニュースのコメント欄には、自転車や歩行者にも落ち度があるといった意見も散見されます。 しかし、左折の巻き込み事故、まして交差点では、どんな状況であれ…

庶民

人々は政治家に庶民感覚を求めたがります。 首相にまで。 しかし庶民感覚で他国の政治家と交流されちゃ敵いません。 庶民の暮らしにかかわる政は、地方自治で担えるようにするべきだろうと思います。

味方

キヨハラ、ベッキー、ノノムラ、ミヤザキ、オボカタ、サムラゴウチ ・・・ エトセトラ。 世間からはずいぶん叩かれてしまいましたが、それぞれに 「まったくしょうがねぇな、それでも俺はお前の味方だぞ」 って言ってくれる存在があればいいなと思うのです。

記事

インターネットのニュースには、テレビを視聴した感想を並べただけのものを始め、電話一本の取材すらしていない記事が溢れています。 ウェブサイトのアクセス数を上げる有力な方法のひとつが日々の記事の数だと言われていますが、質の低い商品の過剰な量産は…

従軍慰安婦問題

いわゆる従軍慰安婦問題で日韓両政府が終結の合意に至りました。 韓国政府には、自国でこの問題を治めることはまずできません。 ですから今後も韓国からは様々な声が発信されるでしょうし、無法に置かれた少女像も撤去できないかも知れません。 しかしそれ…

右にしても左にしても、極端な偏向が支持を得ることはありません。