読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミミズのマフラー

Muffler of Earthworm

おそらく、腐れ縁こそが最も強い縁です。

あちこち 🍀

クローバーはどこにでも生えています。群生の中から四葉を見つけることは意外と簡単です。つまり幸せは身近なところにたくさんあるってこと。

魔法 ⏲

人生の苦労を味わった人はご存知だろうと思います。時間こそが魔法です。

時の流れに

水に流すという比喩は、時の間に流すということです。

熱 🔥

冷めるんです、恋も愛も。 冷めたら終わるのが、恋。冷めたって続くのが、愛。

運命

しかし人生には自分ではどうしようもないことも、ある。

因果

人生で起こるだいたいのこと、自分の責任です。

山並

平凡な景色、そして平凡な写真。 でも、好きだ。

不穏

仕事で進出している コンゴ民主共和国 の政情や治安が、とても不安定になりつつあります。後進国であり、広大な国であり、何よりのんびりしたお国柄のため、まったくお粗末な準備不足で昨年末に実施されるはずだった大統領選挙が遅れてしまった。 しかしそれ…

微笑

ホホエミを忘れたなら、お地蔵様の表情を思い出せばいい。こよなく日本を愛した外国人、小泉八雲が遺した教えです。

引水

里山の田んぼが鏡になる、春。

Windows 26

出発進行 ♪

石頭

優しい人には、頑固な人が多い。

構図 2 📷

これがホントの日の丸構図 ♪

構図 1 📷

二分割構図はつまらない云々 ・・・ 私は気にしない

Windows 25

湯上りの景色。

剪定 🌲

東京 ・ 箱崎 にある 日本 IBM 本社 ビルの庭木は、いつも見事に手入れされています。

磯浜ホテル 🌊

満室御礼

龍神 🐉

降臨しました。

春が来ました 3

カエルとカエル

春が来ました 2

桜と神社

春が来ました 1

サクラとメリーゴーラウンド

繚乱

家の近くの小さな公園で咲く桜。 一本の木に三色の花をつけていました。 追記 : いただいたコメントによれば桜ではなく花桃の源平咲きと呼ぶそうです ~

百人力

零細でもやけに羽振りがいい社長がいます。 その秘密は一人分の人件費です。馬車馬のように働く上に人脈も営業力もあって腕も立つ。 つまり二人分、稼いじゃう。 そうすると一人分の人件費 ・・・ 給料、ボーナスや退職金の積み立て、社会保険料など、月に…

Windows 24

『箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川』、大井川に沿って走る大井川鐵道の車窓です。 銅の成分が影響して独特の青さを見せます。

さしうり

善人を自認する人たちは時として 押しつけがましい善意に鈍感です

Windows 23

窓は額縁である。 写真は絵である。

先入観

消費者は曲がったキュウリを買わない。それは多分に供給する側の思い込みだと思います。

軽蔑

日本もかつて、札束で人の頬を叩くような振る舞いを世界中でして、ひんしゅくを買った時期が確かにありました。 中国も早くそれに気づけば、と思うのです。

春分 🐝

虫たちにとって忙しい季節が巡ってきました。

皮肉

『こだわる』 とは元来、気にしなくても良い些細なことを無駄に気にかけるという意味です。 最近は誤用が一般化して妥協なき追求という意味で通っていますが、面白いのは後者の意味で使っているつもりが現実は前者という場合も多いことです。

秘密

海外で、それも辺鄙な地での仕事、すごいですねってよく言われます。 すごいでしょって答えています。 しかし私の本心は、日本で例えばラーメン屋を開いて続けることの方が大変なんじゃないかなと。 競合が少ない、あるいはまったくいない、そんな場所で緩…

プライド

誇りも軽んずれば埃になるようです。

もたつき 📷

白い壁だな。シロップ ・・・ 白はプラスに露出補正だ ・・・ なんてやっているうちに、壁に這っていた大きなヤモリらしき主役がいなくなっちゃった。

滞在 💺

出張先でのスケジュールは余裕を持って組んでいるため、空き時間が意外とたくさんあります。 のんびり過ごす、好きな時間です。

魚釣り 🐡

島国 サントメ ・ プリンシペ 、少年も青年も釣りにいそしんでいました。その辺を歩くヤドカリをちぎって餌に、竿はなく糸を器用に手で操ります。

都会での通勤の様子を見て、みんな死んだ目をしていると言う人がいる。満員電車でみんなの目がギラギラしていたら、むしろ怖いと思うのだが。 そうした表現はおよそ客観的なものではなく、ごく主観的な場合が多い。

配合

倫理や正義に、大義名分と顕示欲と発信ツールを混ぜると、暴力が生まれ得ます。

一会 🐶

動物が好きなので旅先でも犬や猫が気になります。

東京湾

いろんな意味で豊かな海だと思います。大事に継いでいかなければなりません。

Windows 22

初めて訪れた サントメ ・ プリンシペ民主共和国 はアフリカの小さな島国。新しい仕事がひとつ始まります。

動物園 🐘

動物を愛護する人たちが叫ぶように、柵の中から自由を夢見る日々かも知れない。自分たちの縄張りが完全に守られているから、実は幸せな毎日なのかも知れない。わかったようなことを言う人は少なくないけれど、本当のことは誰もわからない。

ハートの池 ❤

羽田から北に向かう航路より。おそらく渡良瀬の谷中湖です。

待合室

旅先での待ち時間は、意外と退屈を感じません。

磨崖佛

何かの理由で私たちが滅び、長い時を経て、人類に代わり文明を手にした何者かがこの仏像を見つけたとき、一体どんな想像をするのだろう。

街角

イタリアにて。 なんだか、かわいい街でした。 どこの国でも、なんでもない街の雑多な雰囲気が好きです。

大丈夫だ。 私は空を仰ぐことをまだ忘れていない。

薄着 👕

今日から暑いアフリカに出張です。 悩ましいのはやっぱり服装。 空港まで、やせ我慢しながら行くことにします。

東京

勝手に憧れて出てきて、勝手に夢破れて帰っていく。そのくせに、冷たいだの、人混みは嫌いだのってね。そういうすべてを受け入れる、懐深い街だと思うよ。

ドローン

つまり、撮り合い。