ミミズのマフラー

Muffler of Earthworm

男たるもの格好つけて生きようじゃないか

Windows 37

流れてゆく。 流れてゆく。

合間の休息が好きです。

家路

たくさん働いたみんな、たくさん学んだみんな、たくさん遊んだみんな、みんなみんなお疲れ様。

起業

ひとり親方だって、個人商店だって、ベンチャーだって、何だっていい。 一念発起、独立したなら、ガッツリ働いて、ガッポリ儲けて、キッチリ人様の役に立つ。 それが社長の醍醐味です。

Windows 36

狭かったり、真っ暗だったり、手掘りだったり、千葉県には魅惑的なトンネルがたくさんあります。

Clip

わたしのいもうと 松谷みよ子

大きすぎては抱えられず重すぎれば持ち切れない深すぎたら届きはしない

木の子

もうひとつの花

雑多

嫌いではないむしろ好きだ

自家撞着

自分のことを知らないのに自分らしく生きるって何だ?

人生

忘れちゃいけないことがあり忘れなきゃいけないこともあり

恐竜

最近、ティラノサウルスには毛があったことがわかりました。いや、現代の人間みたいにハゲに悩んだ奴もいたかも知れぬ。結局、今なお皮膚も肉づきも正確なことは分からないのです。

Windows 35

明治8年、小笠原諸島は領有権の問題に揺れました。野心を抱いたイギリスよりも日本政府がひと足早く上陸できたことにより、今日、当たり前のように東京都に帰属しています。小笠原に駆け付けるために使われた船が明治丸。 何の因果かイギリス製。 現在は東…

錯覚

綺麗に見えるガーナの海ですが、人々は浜で網を広げて大量のプラスチックごみの中から魚を探し出す作業を強いられていました。

楽園

サントメ・プリンシペの昼休みは2時間が一般的。小さな島で職場と家が近いから帰る。ごはんを食べても時間が余るから寝る。結果、2時間後も来ない。

実効

仕事をした気になる作業には、要注意。 追記私の記事は基本的に予約投稿なので米朝首脳会談を皮肉っているように読めてしまうのは偶然です(笑)

限界

人間は海にはなれない 広きを望めば深くはなれず深みを追えば広くはなれぬ

誤解

大臣を会社の社長に例えて、官僚の不祥事の責任を取らせようとするのは間違いだと思っています。 省庁の長は事務次官です。 会社組織に例えるなら、大臣は株主の代表です。 官僚が問題を起こしたなら、その水準に応じて相応の責任を取らせる立場と言えます。…

逆さツリー

風景写真やスナップ写真は、腕前よりも、機材よりも、シャッターチャンスに出会う努力や運が大切。 もちろん私は運です。 潮止まりでしょうか、隅田川が鏡になった瞬間をスマートフォンで。 ちゃんとカメラを持ち歩いていればという後悔がないわけではあり…

羨望

歌が、楽器が、躍りが上手いというのは、気持ちいいだろうなと思います。

過度

明治維新と昭和は、美化され過ぎていると思います。

Windows 34

有料特急と駅弁はセットです。誰が何と言おうとセットです。

すんでのこと

怪我も、病気も、加害も、被害も、自殺も、破産も、みんなみんな紙一重。

倫理

世の中に蚊ほどうるさきものは無しぶんぶと言ふて夜も寝られず 文武奨励を当てこすった江戸時代の歌です。後にやはり世相を皮肉り言い換えられた歌。 世の中に鈴虫ほどうるさきものは無しりんりと言ふて夜も寝られず 近ごろ、りんりりんりとうるさい世の中が…

信力

人間が信じ込んだときに発揮する力は、とても強いもの。古くから政治家や宗教家、あるいは詐欺師たちが、巧みに操って来た力です。21世紀は、その力を自分のために自分でコントロールする時代になるべきだろうと思います。

Windows 33

コーヒー農園のカフェで、香りに包まれて見る緑。

光陰

時は金なり、と言われます。時間は貴重だから無駄に過ごしてはならない、という意味です。スピードが勝負、という意味ではありません。時間をかけて熟慮したり、タイミングを見計らうことも、場合によっては必要です。

暮らし 30

木の下には、自然と人が集います。

鉄道写真

『鉄分補給』 や 『撮り鉄』 という言葉が生まれていますが、私は列車だけではなく人や建物を入れた写真が好きです。